つやつやの肌

目の下のたるみやふくらみには脂肪除去手術がおすすめ

ロングヘアーの女性

目の下のたるみ手術の中の脂肪除去手術は、まぶたの裏側から脂肪を取り出す方法で、皮膚に傷が残らないというメリットがあるのでオススメです。目の下のたるみやふくらみの原因となっている眼窩脂肪を減らすために取り出します。
眼窩脂肪は目の下にあり、内側と中央と、外側の3つの部位に分かれています。きれいな仕上がりを目指すためには、3つの部位から均等に眼窩脂肪を取り出し治療していきます。
しかし、目元の状態は人によって異なるため、それぞれバランスを考えながら脂肪を取り出していきます。若々しい肌は、皮膚が平らで滑らかです。美しい目元に仕上げてくれます。
目の下のたるみ手術によって、どの程度の脂肪を取り出すのかは、施術当日のクマやたるみ、ふくらみの状態を見て決めます。施術前に部位ごとにマーキングし、脂肪をどれだけ取り出すのか決めておきます。
麻酔は、切開する下まぶたの裏側の結膜部分で、局所麻酔になります。麻酔が効いてから、下まぶたを裏返して小さく穴を開けて治療します。丁寧に眼窩脂肪を押し出し、脂肪を取り出します。麻酔によって痛みは気にならないので、オススメの治療方法と言えるでしょう。
このように、目の下のふくらみやたるみは美容クリニックへ相談すると、目の下のたるみ手術を受けることができます。ふくらみが解消し、スッキリとした若々しい目元になるのでオススメです。

見た目年齢は目の下のたるみで変わる

見た目年齢は実年齢と違って印象で変わるので、見た目を意識することをオススメします。
服装やしぐさ、話し方はもちろん年齢を推測するのに関係します。それ以上に、顔の見た目は年齢を推測するのに影響力が強いものです。
シミ、しわ、たるみは老化によって仕方のないものかもしれません。しかし、それを気にすることで表情が少し暗くなるだけでも見た目年齢は変化します。
特に目の下のふくらみは、たるみが起こると影になりなすく目元にクマがあるように見えます。
顔全体が暗い印象となってしまう為、注意してケアしていきたい部分です。
目元は皮膚が薄いですが、メイクで負担がかかる場所です。
つまり、ふくらみがたるんでしまった原因は、老化だけでなく化粧やメイクオフで負荷がかかりすぎた場合もあります。
パックやマッサージといったセフルケアももちろん重要です。
他に解決方法として、目の下のたるみ治療を受けることもオススメです。
怖い気持ちもあると思います。
しかし、目の下のたるみ治療を受け、張りのある目元のふくらみを取り戻すことは自分が自信を持つことにも繋がります。
自分に自信を持てる部分が増えれば、表情も明るくなり、結果見た目年齢も若く見られることが増えます。
笑顔で生き生きとした自分になるために、気になる人は一度目の下のたるみ治療について美容クリニックへ相談してみることをオススメします。

目の下のたるみを消して自分に自信を持とう

若くみられる人ってとにかく肌が綺麗だと思います。
どんなに体が若々しくても顔のたるみがあると老けて見えてしまうからです。

特に目の周りは人の目に一番につきやすいので、ケアすることをオススメします。
ふくらみがあるとなんだかクマがひどいように見えて顔色も悪く感じるし
その分歳がとっているように見えます。

ただ目の周りのふくらみやシワは歳をとるにつれつきやすく、
化粧で隠すことや保湿でケアしづらいので管理がとても難しいです。
コンシーラー等で目の周りを明るくする方もいるようですがとても難しく
不自然になってしまう方もいるのではないでしょうか。
また、目の周りのふくらみはケアしてもすぐにとることはできないので
長期的に継続することが必要なのですぐ効果が出ず挫折してしまう人もいると思います。

そんな方には目の下のたるみ治療をオススメします。

目の下のたるみ治療をする聞くとなんだか大きな手術があるように聞こえるかもしれませんが
メスを使わずに、局所麻酔にてレーザーでやるくま・ふくらみ・シワを除去するクリニックもあります。
目のたるみの原因である不必要な脂肪をレーザーで消すことによって目元の周りを軽くすることができるのです。

是非目の下のたるみ治療をお考えの方は美容クリニックへ相談してみることをオススメします。

PICK UP

RECENT POSTS